sss5696d

冷え性や妊娠しても胎児に影響がいかない

≪オレンジピールでストレス軽減リラックス!≫

ハーブのオレンジピールは、漢方薬としても使われています。生理前のイライラにはオレンジピールが心を落ちつかせてくれます。さらに、女性の身体と心にかかるストレスを減らしてくれるのもオレンジピールの力です。飲むと、心の底からリラックスして、身体も力が抜けて癒される効果があります。

≪ローズヒップの抗酸化作用で血管を維持!≫

ローズヒップハーブティーは、注目の抗酸化作用が促されます。ビタミンCやビタミンEが配合なので、身体の細胞や血管を維持するのに役立ちます。人の体内の血管は詰まり、働きが低下すると、全身に血が巡りません。すると冷え性や妊娠しても胎児に影響がいかないので、流産する可能性もあるのです。妊活中にローズヒップを飲んで、血管に抗酸化作用を与えてメンテナンスをすると、いざ、妊娠しても機能向上した血管から赤ちゃんに栄養が届きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です